愛車を綺麗に保ちたいなら洗車グッズにも気を配りましょう。汚れた道具で洗車をしても最後まで綺麗に落としきれずにせっかく綺麗にしてもポツポツと汚れが気になってしまいます。まずはボディ用スポンジとホイルやタイヤなどの足回りを洗うスポンジ・ブラシは別々にしましょう。足回りは砂・砂利が多く付着していますのでボディ用スポンジで洗った場合、スポンジに小さな砂や砂利が入り込み、そのスポンジでボディを磨くと傷の原因になってしまいます。そして水拭き用の雑巾は2枚用意すること。車にはエンジンオイルやブレーキオイルなど多種多様のオイルが使用されています。知らない間にそういったオイルが蒸発し、ボディなどに付着していることがあります。そのオイルを雑巾を拭きとって別の場所を磨くとその汚れがボディ全体に広がってしまいますので雑巾を使い分けるため、2枚以上用意することをおすすめします。最後に水滴の拭き上げはできるだけ雑巾ではなくセームを使用するようにしましょう。雑巾といえど、ボディを拭き上げることで小さな傷の原因となります。また、拭き筋なども残ってしまい仕上がりが綺麗に見えません。セームなどで水滴を押さえ込み、セームに吸収させるように拭き上げることで綺麗に仕上げることができます。このように洗車道具に少しこだわりをもつことで洗車の出来栄えも大きく変わってきます。